SCALE POWERED BY PR

SCALE POWERED BY PR

事業をスケールさせる 成長型PR人材データベース

Event

SCALE Conference 2020

―事業をスケールするPRのチカラ―

SCALE Conference 2020
詳細はこちら

PR人材を経営に活かす、 あたらしいソリューションが誕生

「SCALE(スケール)」は、戦略PRの提唱者である本田哲也が開発した
コンピテンシー(スキル評価)モデルをベースとしたあらたなPR人材データベースです。

独自のアカデミーカリキュラムと連動した認定モデルは、PR人材のスキルを測るモノサシであり、
企業が最適なPR人材とマッチングできるプラットフォームでもあります。

これまでの属人的で、人脈依存したアサインメントから脱却し、
事業フェーズに適したスキルセットを持つ才能へのアクセスが可能になります。

SCALEは、次世代のPR人材を育て、企業のニーズにマッチさせていくことで、
日本のPRをさらなる高みに押し上げることを目指します。

What is SCALE

「SCALE」は企業とPR人材が最適な関係で成長しマッチングできる新しいソリューションです。
SCALEアカデミーで成長したPR人材を、コンピテンシーモデルをもとにマッチングします。
あなたの事業フェーズに最適な人材をご紹介します。

PR人材評価モデル PR人材評価モデル

独自開発のコンピテンシーモデル

PR先進国である欧米には、優れたPRパーソンの要件となるコンピテンシー(行動特性)が定められています。日本にも広報PR領域における人材教育プログラムはありますが、これまでコンピテンシーに相当するものは存在しませんでした。SCALEでは、広島市立大学 河炅珍准教授(社会学、メディアコミュニケーション)の監修協力を得て、独自のコンピテンシーモデルを開発しました。マインドセット、スキル、ナレッジの横軸と、5つのコンピテンシー要素の縦軸で構成された、新しいPR人材評価のモデルです。

独自開発のコンピテンシーモデル

FOUNDER

「SCALE」は日本初の「PR人材」に
特化した成長型人材プラットフォームを
目指します。

戦略PRや企業広報の経験を活かしあらゆるPRにまつわるジレンマを解消し、PRの力でビジネスを底上げすることがSCALEで目指す未来の姿です。

本田 哲也HONDA TETSUYA

「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWEEK誌によって選出された日本を代表するPR専門家。

セガの海外事業部を経て、1999年に世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。2006年、スピンオフのかたちでブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。2009年に「戦略PR」(アスキー新書)を上梓し、マーケティング業界にPRブームを巻き起こす。P&G、花王、ユニリーバ、アディダス、サントリー、トヨタ、資生堂など国内外の企業との実績多数。

2019年より、株式会社本田事務所としての活動を開始。

EVENT

SCALE Conference 2020

SCALEConference 2020

―事業をスケールするPRのチカラ―

新型コロナウイルスが国内において更に感染拡大する可能性があることに鑑み、
各関係者さまの安全を確保する観点から、2020年3月25日開催「SCALE CONFERENCE」
を延期することを決定いたしました。

今後の開催予定が確定しましたらあらためてご案内いたします。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

Main speaker

「事業をスケールさせる広報PRとは?(仮)」

小泉 文明

株式会社メルカリ
取締役President (会長)

小泉 文明
KOIZUMI FUMIAKI

本田 哲也

本田事務所 代表取締役

本田 哲也
HONDA TETSUYA

Talk session

「求められる広報PR人材とそのスキル(仮)」

矢嶋 聡

株式会社メルカリ
PRチームマネージャー

矢嶋 聡
YAJIMA SATOSHI

関 航

株式会社マテリアル
執行役員兼Executive Storyteller

関 航
SEKI WATARU

浜田 敬子

Business Insider Japan
統括編集長/AERA元編集長

浜田 敬子
HAMADA KEIKO

モデレーター

徳力 基彦

徳力 基彦
TOKURIKI MOTOHIKO

株式会社ピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 アンバサダー/ブロガー

さあ。 今すぐPR人材を経営に活かそう。

さあ。 今すぐPR人材を 経営に活かそう。